facebook-domain-verification=wlxgzy2on4o9dhshz21n5h4o9w8bna
 

Profile

Join date: Jun 14, 2022

About

日本 vs チュニジア生放送テレビ放送無料放送2022年6月14日


【6月14日テレビ放送】日本対チュニジアの地上波・民放・ネット中継予定|キリンカップサッカー2022


サッカーチュニジア代表の来日メンバー・招集選手リスト|6月14日に日本代表と対戦



🔴住む🔴📺🥊👉 日本vsチュニジアライブ



🦋🔴ライブに行く🔴📺🥊👉 日本vsチュニジア生放送



【サッカー日本代表 テレビ放送予定】キリンカップサッカー2022・日本対チュニジアのTV中継予定を紹介。地上波・民放はどこが放送する?


サッカー日本代表は6月14日、キリンカップサッカー2022でチュニジア代表と対戦する。


本記事ではパナソニックスタジアム吹田で開催されるチュニジア戦の試合日程、キックオフ時間、テレビ放送予定を紹介する。



【6月14日】サッカー日本代表、チュニジア戦のキックオフ時間・テレビ放送予定・試合会場は?



日本 対 チュニジア 対戦 成績 日本 対 チュニジア チケット 日本 チュニジア サッカー テレビ チュニジア 戦 キックオフ チュニジア 代表 サッカー日本代表 チュニジア 戦 スタメン サッカー 日本 代表 チュニジア スタメン


【キリンカップサッカー2022】日本vsチュニジアの見逃し配信・動画無料視聴方法!


日本代表vsチュニジアの予想スタメン キリンカップ決勝


国際連盟(FIFA)ランキング23位の日本は14日午後6時55分から、大阪・パナソニックスタジアム吹田で行われるキリンカップ決勝で、同35位のチュニジアと対戦する。チュニジアは10日、キリンカップ初戦でチリを2-0で破り、決勝へ進んだ。日本は、ガーナ戦(〇4-1)に続く連勝を狙う。この試合はW杯カタール大会(11月21日開幕)のメンバー入りを懸けた強化試合4試合の締めくくりと位置づけられた重要な一戦。14日付のサンケイスポーツ(東日本版)の先発メンバー予想は上記の通り(画像右下の「+写真を拡大する」をクリックすれば拡大できます)。



サッカーチュニジア代表の来日メンバー・招集選手リスト|6月14日に日本代表と対戦



2022年6月のキリンカップ2022に臨むチュニジア代表メンバー・注目選手を紹介。最新情報も随時更新していく。



【6月14日テレビ放送】日本対チュニジアの地上波・民放・ネット中継予定|キリンカップサッカー2022



3月にカタールW杯アジア最終予選を突破し、7大会連続7回目のワールドカップ出場を決めた日本。



11月に始まるカタール大会に向け、6月は4つの強化試合を実施。本大会のメンバー選考に向けて貴重なアピールの場となっている。



6月10日(金)に行われたガーナ戦では久保、前田らの代表初ゴールで4-1と勝利した日本代表。強化試合最終戦となる第4戦はチュニジアと対戦する。



国際連盟(FIFA)ランキング23位の日本は14日午後6時55分から、大阪・パナソニックスタジアム吹田で行われるキリンカップ決勝で、同35位のチュニジアと対戦する。チュニジアは10日、キリンカップ初戦でチリを2-0で破り、決勝へ進んだ。日本は、ガーナ戦(〇4-1)に続く連勝を狙う。この試合はW杯カタール大会(11月21日開幕)のメンバー入りを懸けた強化試合4試合の締めくくりと位置づけられた重要な一戦。14日付のサンケイスポーツ(東日本版)の先発メンバー予想は上記の通り(画像右下の「+写真を拡大する」をクリックすれば拡大できます)。



日本代表(FIFAランク23位)はキリンカップ決勝で14日午後6時55分から、チュニジア代表(同35位)と大阪・パナソニックスタジアム吹田で対戦する。11月開幕のワールドカップ(W杯)カタール大会に出場するチームとの一戦。高さのある相手にどう挑むかがポイントの1つに挙げられる


チュニジアの来日メンバー24人の平均身長は183.8センチ。日本の平均179.8センチ(離脱者除く)を4センチも上回る。単純な浮き球のクロスは効果がなさそうで、10日のチリ戦に2-0と快勝したチュニジアは、センターバック(CB)で先発したDFタルビ(24=ルビン・カザン)が194センチ、ガンドリ(27=クラブ・アフリカン)も197センチなど長身選手がそろう。



180センチ以上の選手は24人中18人。対する日本は25人のうち半分以下の12人にとどまる。特にチュニジアのCBと日本のセンターFW候補は20センチ以上の「ミスマッチ」となる。


「アジア全体も進歩しましたが、とにかく日本は素晴らしいと思います。そういう意味で、日本はアジアナンバーワンの戦力をつけました。そして、特徴としては非常に戦術的な動きが良く、それぞれのプレーが非常に速いということ、その辺りに注意しないといけないと思います」


チュニジア代表の中で注目と言えばやはりメイブリ。18歳の昨夏にフル代表デビューを飾り、すでに9キャップを誇る同選手は11月のワールドカップで大ブレイクする可能性を秘めている逸材だ。


所属するマンチェスター・ユナイテッドでもその才能は高く評価されており、2季前にファーストチームデビューを飾り、昨シーズン最終節で初めて先発でピッチに立った。


中盤でチームの攻撃のタクトを振るプレイメーカーとして、メイブリは日本代表相手にどのようなプレーを見せるのか注目だ。